英語学術論文のコツ:簡潔な文章を書く3つの方法

“Write succinctly”「簡潔に書け」…英文ライティングでよく言われますが、具体的にどうしたら簡潔な文章にできるのでしょうか。まずは短い単語や文章を使うことから始まります。

“Write succinctly, write concisely”—「簡潔に書け。」英文ライティングでよくアドバイスされますが、実際どうすれば「簡潔」な文章になるのかピンとこないかもしれません。

わかりやすいガイドを探していたら、コロンビア大学の生物学科のガイド “Writing a Scientific Research Article” を見つけました。

そのガイドは5つのポイントを挙げています↓

  1. Use verbs instead of nouns 名詞ではなく、動詞を使う
  2. Use strong verbs instead of “to be” 動詞は「~である」という意味の”to be”ではなく、「強い」動詞を使う
  3. Use short words 短い単語を使う
  4. Use concise terms 簡潔な言葉やフレーズを選ぶ
  5. Use short sentences 短い文を書く

1と2の動詞についてはすでに「英語学術論文のコツ:わかりやすい文章にする3つの方法」で詳しく書きましたので、今回は3~5の短い単語・フレーズ・文についてもう少し詳しくお話したいと思います。

[ In this article… ]

どうして簡潔な文章が好まれるのか

そもそも簡潔な文章がいいとされるのは、何故でしょうか。

読み手はお客さんのようなものです。ですから、その客さんにとってなるべく苦にならない、読みやすい文にした方が、著者が伝えたいことを理解・受け入れてもらえます。

動詞が見えにくかったり無駄なフィラーが多かったりと、理解を妨げる「雑草」が多く、難しい単語を連ねた長い文章は読みくいとされますが、これではお客さんに伝えたいことが伝わらなかったり間違った理解をされたりと、本末転倒です。

かと言って、拙い文にすればいいと言うわけではなく、学術論文や記事に相応しい文でなければなりません。1

目指すべきレベルは「教養のある読者に理解してもらえる」文章。

American Journal of Epidemiologyの元編集長2のお言葉だそうです。

ある研究では、平易な言葉で書かれた保健関連の記事と難しい言葉で書かれたものを読ませたら、わかりやすい記事を読んだ読者の方が「著者を信頼できる」と評したそうです。また、その情報の信用性も高く評価されたとか。3

学術論文、専門家向けの記事、一般読者向けの記事。どんな文章にしても、対象読者にあった、わかりやすい文章を目指したいものです。

わかりやすい英語を使うと、信頼度も上がります。(英文のブログです)

気をつけるべき3点

前置きが長くなってしまいましたが、では具体的に、簡潔なわかりやすい文章を書く3つのポイントを見ていきましょう。

☑ 短い単語を使う

長くて難しい(「アカデミック」な)単語よりも、短くてダイレクトな単語を使いましょう。

短い言葉は、誰でも無駄に考えなくてもに理解できるので、読み手にもすんなり意味が伝わります。

特に今の世の中、英語ネイティブではない読み手が世界中に多くいますので、注意してみてください。

例えば、左欄の単語ではなく、右欄の方の単語を選びましょう。

この単語の代わりにこれを使う
possesshave
sufficientenough
utilizeuse
demonstrateshow
assistancehelp
terminateend
Columbia University biology department, Writing a Scientific Research Articleより抜粋

▶ What you can do

  • まずは、短い単語を堂々と使いましょう。難しい単語が思い出せないといって悩む必要はありません。
  • 上のリストやPlain Englishキャンペーンの A-Z of alternative wordsリストに目を通してみましょう。自分が使いそうな単語があれば、書き留めておくといいかもしれません。
  • 編集段階で、リストにある気になる単語が原稿にないか探し(ハイライトすることも可)、短い方の単語に置き換えていきましょう。
  • ご自身良く使う単語があるとお気づきになったら、自分用のリストを作ってみて下さい。少しずつ、短い単語を使うことにならしていきます。

☑ 簡潔な言葉・フレーズを選ぶ

単語と同様、フレーズも短いものを選びましょう。

下の表に例があります。左欄は長くて理解難度が高めのフレーズ。右欄は代わりに使いたい短い・簡潔なフレーズや単語です。

 こちらのフレーズの代わりに…こちらを使います
prior tobefore
due to the fact thatbecause
in a considerable number of casesoften
the vast majority ofmost
during the time thatwhen
in close proximity tonear
Columbia University biology department, Writing a Scientific Research Articleより抜粋

ちなみに、引用させてもらってるコロンビア大学のページに、19世紀アメリカの作家・医学者オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニアのこんな言葉がありました。

“I would never use a long word where a short one would answer the purpose. I know there are professors in this country who ‘ligate’ arteries. Other surgeons tie them, and it stops the bleeding just as well.”

Oliver Wendell Holmes, Sr.

訳すと、

私は短い単語を使えるところで長い単語は絶対使わない。例えばこの国では動脈を「結紮(けつさつ)する」博士もいるが、他の外科医は「結ぶ」だけだけど十分に止血できるものだ。

オリバー・ウェンデル・ホームズ・シニア

▶ What you can do

  • 上と同様、まずは短いフレーズを堂々と使いましょう。
  • Plain Englishキャンペーンの A-Z of alternative wordsリストに目を通してみましょう。
  • 編集段階で、リストにある気になるフレーズが原稿にないか探し、短い方のフレーズか単語に置き換えていきましょう。
  • ご自身良く使うフレーズがあるとお気づきになったら、自分用のリストを作ってみて下さい。少しずつ、短いフレーズを使うことにならしていきます。

☑ 短い文を書く

コロンビア大学のガイドには、「40単語以上の文は、2つに分けて書き直したほうがいいだろう」とあります。

また、一文は15~20単語に留めるべきだとプレーン・ランゲージ・キャンペーンは言います。4

書き手としても、短い文を書く方が楽なはずです。長い文章を書いているうちに、何が主語でどこが述語で…とわからなくなったり(実は私もよくあることです…^^;)、文法的間違いを犯しやすくなったり…ということはありませんか?5

読み手にとっても当然、要点を突いた短い文の方が、長く複雑な文を読むより理解しやすいです。6

▶ What you can do

  • 一文につき、一つのアイディアに留めましょうl。
  • 編集段階で長い文章を見つけたらハイライトしてみる。長い文章が続くようだったら、それぞれをもっと小さい文章に切り分ける。場合によっては箇条書きできることもあります。
  • 上でも見てきた長めのフレーズがないかチェック。あれば、もっと短い単語などに置き換えてみてください。
  • 能動態(active voice)と使う。能動態の方が手短にわかりやすく(単刀直入に)言いたいことを伝えられます。
能動態を使うと、文章を短くできることもあります。

受動態 passive voice: Researchers had their questions answered in a special session with Albert Einstein.

能動態 active voice: Albert Einstein answered the researchers’ questions in a special session.

(Adapted from example in “Plain Writing Tips – Passive Voice and Zombies,” Open Government at the National Archives.)

最後に。これらのポイントは、執筆中はあまり気になさらなくても大丈夫です。気にしすぎると、書くのが苦悩になってしまうこともありますので…(^^;編集段階にたどり着いたら、チェックしてみてください。

この記事の英文はこちら。☘

参考サイト

クライアントさまが必要としている英語をしっかり把握し、安心のサービスを提供します。本場の英文を求めているなら、まずはご相談ください☆

Image by 15299 from Pixabay

Footnotes

  1. 幼稚な文章にすることを蔑んで “dumbing down” と言いますが、それと「平易な」言語は違います。
  2. 故ジョージ・コムストック博士。同誌の編集者ゲイリー・フリードマン博士がコムストック博士にそう伺ったと、スタンフォード大学「Writing in the Sciences」でおっしゃってました(^^)
  3. Franziska M. Thon & Regina Jucks (2017) “Believing in Expertise: How Authors’ Credentials and Language Use Influence the Credibility of Online Health Information“, Health Communication, 32:7, 828-836, DOI: 10.1080/10410236.2016.1172296.
  4. How to write plain English,” Plain English Campaign参照。
  5. 当然、全ての文が短くなければならないというのでは、ありません。短・中・長と色々組み合わせるのも書き手のスキルですが、「長いほうがいい・格質が高い」という思いは、捨てて大丈夫です。
  6. ヘンリー・ジェームズの文とかとっても読みくいですよね(^^;巨匠作家でなければあのスタイルはおすすめしません。そもそも真似できませんが。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.