説得力ある英語論文は、最初からすべて英語で書く

write in english

説得力のある英語論文を書く秘密とは、「最初からすべて英語で書く」こと!Cancer Scienceの編集者直々のお言葉です。

日本癌学会の英文機関誌Cancer Scienceの編集者、高橋 雅英氏がCancer Scienceモーニングレクチャーでこうおっしゃってます。

説得力ある英語論文は、

最初からすべて英語で書く
日本語を書いて英語に翻訳していては、良い英語論文にはならない

https://www.jca.gr.jp/researcher/lecture/files/CAS-Author-Seminar-2018_Final.pdf

そこまでズバリ言うのは画期的!

さすがプロだと思いました。でも納得です。

日本語からスタートすると、文章の構成がどうしても日本語的になってしまうものです。それを訳しても、文章の流れや構造が日本語なので、どうしても「翻訳されました感」が残ってしまいがちです。

実はネイティブチェックする時も、原文は見ないで、最初から「英文」として取り組んだ方が、質の良いチェックができるのも同じ理由からです。

でも外国語で考えをまとめるのは難しいこともありますよね。ではどうしたらいいか。

☑ アウトラインをまず作る

まずは伝えたいことのアウトラインを作ることをお勧めします。(Cancer Scienceモーニングレクチャーの先生方もそうおっしゃってます。)

☑ 簡潔な文章を目指す

詩的な文章にする必要は全くありません。大切なのは第一に意味が伝わること。

これはネイティブでも同じですが、外国語として英文を書く方はなおさらそうです。

Cancer Scienceモーニングレクチャーの講師方もみなさんおっしゃってます。「難解で高尚な英語の表現力は必要ない」と。

文章を短くし、むやみに難しい表現や単語を避けるだけでも、メッセージが伝わりやすくなるものです。

☑ プロの英語校正者に頼もう!

高橋氏もおっしゃってますが、最終的にはプロの英語校正者に頼んで、英語を磨いてもらいましょう(^^)

おすすめ参考文献

英語の学術論文を「翻訳された論文」ではなく、ネイティブの著者に負けない、自然で明確なものにするお手伝いをします。まずはご相談ください☆

Cover photo by Adolfo Félix on Unsplash

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *